bf4_logo02

(・∀・)

Battlefield Blogより


コンクエストの乗り物を使用した全面戦争から新しいオブリテレーションでの決死の戦闘まで、バトルフィールド4は最も多様で楽しいマルチプレイヤーの経験を提供している。僕達が発売に向けて準備を行う中、バトルフィールド4のベータでプレイする事になるモードと、それだけでなくその他のバトルフィールド4の発売でプレイする事ができる全てのモードを紹介しようと思う。

バトルフィールド4では7つの異なるゲームモードが全ての10のマルチプレイヤーのマップで遊ぶ事ができる。注意深くプレイアブルの戦闘エリアをゾーンに分けて、フラッグのレイアウトを考え、多様性のあるゲームスタイルも取り込み、各マップは 皆がプレイしたいと願うどのゲームモードにも対応が可能となっている。以下のバトルフィールド4での各ゲームモードの説明を読んでくれ。

チケットとは?

チケットとは、チームでシェアするリスポーンのリソースだ。1チケットはイコールで1リスポーンとなる。だから、もし君のチームが100チケットあったとしたら、君が100デスをしたらそれは無くなり、マッチに負けることになる。それ以外に、多くのゲームモードでもし敵のチームが継続して君のチームよりも多くの旗を確保した場合、チケットは無くなって行く。

コンクエスト(バトルフィールド4のベータでプレイアブル。)

bf4_gamemodes01

コンバットタイプ:バトルフィールドの決定的なモード。乗り物を使用した全面戦争を緊張した歩兵戦に混合させ、陸海空全ての戦闘が楽しめる。

設定プレイヤー人数:24人(PS3、X360)、64人(PS4、XBOX ONE、PC)

コマンダーモード:オプションで選択可能

コンクエストは典型的なバトルフィールドのモードで、陸海空の全ての場所での乗り物を使用した全面戦争だ。ジェットでドッグファイトをしたり、戦場でいくつもの残骸を戦車で作り出したり、アタックボートで敵の探索を行ったり、緊張した歩兵戦闘を展開したりできるのだ。この広大なマップで使用できる多様な乗り物を前に、コンクエストは真に君のやりたい戦闘のできるモードとなるだろう。これがバトルフィールドだ!

目標は簡単だ:旗の確保、敵の排除、そして敵のチケットをゼロにする事だ。これを行うベストな方法は、マップ内で優勢な数の旗を確保する事だ。旗の確保をするには特定のエリア内に存在する事が必要となる。しかし注意して欲しい。君の敵は君達が確保している旗をいつでも確保しに来る事ができ、それにより君は防御に回ることが必要となるかもしれない。最初に敵のチームのチケットをゼロにしたチームが勝ちとなる。

時間がない!

殆どのゲームモードはデフォルトでタイムリミットが設定してあり、結果の出ないままにマッチが長びきすぎないようになっている。チームデスマッチや分隊デスマッチなどのゲームモードでは、時間延長のフィーチャーがあり、引き分けで試合が終わる事が無く、勝者が宣言されるように僕達は確認している。


ドミネーション(バトルフィールド4のベータでプレイアブル。)

コンバットタイプ:早いペースの歩兵によるコンクエストの派生系。

設定プレイヤー人数:20人(全プラットフォームで)

コマンダーモード:無し

ドミネーションは緊張した、歩兵のみのゲームモードでバトルフィールド3のクロースクオーターズでデビューしたモードだ。コンクエストの多くの要素を使用しているが(旗の確保、敵のチケットをゼロにする)、ドミネーションはタイトで集中されている。君は常に旗の近くにいるし、その為に君は常に移動してアクションを取る事が必要となる。

コンクエストとは反対に、ドミネーションでの旗の確保は非常に速く行われるし、チケットのカウントもコンクエストよりも少なくなっている。そしてチームが旗の確保に劣勢の場合、チケットの消費時間はゆっくりともなっている。この意味する所は、ドミネーションで行われた一つずつのキルは、コンクエストで行われるそれよりももっと重みのあるものとなっている。


オブリテレーション

bf4_gamemodes02

コンバットタイプ:乗り物や歩兵での気の狂ったダッシュをして爆発物を届ける。

設定プレイヤー人数:24人(PS3、X360)、32人(PS4、XBOX ONE、PC)

コマンダーモード:オプションで選択可能

僕達はこれを、”バトルフィールドだけの瞬間のジェネレーター”と呼んでいる。バトルフィールド4での新しいゲームモードの2つのうちの1つだが、オブリテレーションは確実に最も爆発な感じのするモードである。オブリテレーションでは一つの爆発物がマップのランダムな場所にスポーンする。両方のチームは戦って爆発物の確保をし、それを敵チームの3つの目標地点に持って行き、起爆して、目標を爆破しなければならない。爆発物が爆発したら、次の爆発物がランダムに新しい地点でスポーンし、またしてもカオスが繰り返される。ゲームは片方のチームが敵の3つの目標全てを破壊するまで続けられる。オブリテレーションは君達のチームがどれだけ優秀でチームワークを発揮して爆発物を届けられるかにより、あっけに取られるほど早く終ってしまうか、それとも戦場の悲惨な綱引きが行われるかにになるだろう。

コンクエストと比較して、オブリテレーションでのアクションは爆発物があるロケーションに集中して発生する。爆発物は一度に一つしか発生しないため、瞬きをするうちに君は攻撃から防御へと行わなければならない場合が多々あるだろう。君は敵の行動を先読みし、最適な時に最適な場所で防護をして攻勢を取り戻さなければならない。 -もしくは敵の動きを遮って爆発物を奪い返すのだ。常にプレイする立場が攻撃から防護へと変換するスタイルはアメリカン・フットボールの一部からインスパイアされたものだ。 -敵への爆発物の発火は、バトルフィールドでのタッチダウンに等しいものだ。

コマンダーモード

形勢を一変させる戦略的なコマンダーモード。君のチームをどうやって指揮し、戦場をスキャンし、勝敗を決するアセットを投下するかをこのブログ記事で学ぼう。


ディフューズ

コンバットタイプ:競技的な近接戦闘

設定プレイヤー人数:5対5(全プラットフォームで)

コマンダーモード:無し

バトルフィールド4でデビューしたもう一つの新しいゲームモードで、ディフューズは非常に競技的で決死の戦いである。各プレイヤーはラウンド中のライフは一つのみで、発射する一発いっぱつがその結果を大胆に変える可能性を持っている。チームは敵の分隊を殲滅するか、もしくは敵の軍事的な拠点を破壊するか(ラッシュでのM-COMの様なもの)で勝敗が決まる。

バトルフィールドでの最も競技的なプレイヤーの為に、一から構築されデザインされたディフューズは、ラッシュやコンクエスト等のバトルフィールドの今までにある主だったモード等に対して新しいフレイバーを提供する。各プレイヤーは一つのラウンドで一度だけ蘇生が可能となっている。排除されたプレイヤーはショーの続きをサイドラインから見つめなければならない。


チームデスマッチ

bf4_gamemodes03

コンバットタイプ:バトルフィールド4スタイルのクラシックなシューターモード。

設定プレイヤー人数:20人(全プラットフォームで)

コマンダーモード:無し

チームデスマッチなどのいくつかのモードは既に内容が浸透しているだろう。セットアップはデリシャスな程シンプルだ:2つののチームの戦闘での直接対決で、最初に規定のキル数に達したチームが勝者となる。そしてそれ以上は存在しない。 -これは時間がない場合でも、そしてインスタントなアクションを欲している時にもパーフェクトなゲームモードとなる。


ラッシュ

bf4_gamemodes04

コンバットタイプ:敵の前線の奥深くへと戦い抜き、敵のM-COMを爆破する。

設定プレイヤー人数:24人(PS3、X360)、64人(PS4、XBOX ONE、PC)

コマンダーモード:オプションで選択可能

もう一つのバトルフィールド独特のマルチプレイヤーモード。ラッシュはアタッカーとディフェンダーの非対称な戦いだ。目標は攻撃側のチームがマップの各ゾーンに2つずつあるM-COMを破壊する事だ。防御のチームはチケットが1になる前にこれを阻止せねばならない。もし攻撃側が成功したならば、もう2つのM-COMがマップの奥深くにスポーンし、ラッシュは攻撃側のチームが敵のM-COMを合計6つ破壊するまで、もしくは防御側が敵チームのチケットを完全に枯渇させるまで継続する。時により、ラッシュのゲームは君を様々な異なる環境へと連れて行き、各所で君の戦略や装備をもう一度考え直すことを強要するだろう。


分隊デスマッチ

コンバットタイプ:リーダーボードでの一番の位置を賭けて4つの分隊が限定された乗り物で戦い抜くモード。

設定プレイヤー人数:20人(全プラットフォームで)

コマンダーモード:無し

4つの分隊がリーダーズボードの頂点をかけて直接対決する。各ラウンドで最初に規定されたキル数に達した分隊が勝者となる。分隊デスマッチはチームデスマッチから即応アクションである部分を持ってきたモードであり、参加チームを倍にして緊張した戦闘を可能とし、どのチームが勝者となるかを確認する。

バトルフィールド4への道の記事を楽しみに。僕達はバトルフィールド4の発売に向けてもっと置く深くへとこの、史上最大のバトルフィールドへと潜って行く。このブログ記事への感想を聞かせてくれ。そして質問があったら書き込んで欲しい。呼んでくれてありがとう。